電磁波過敏症の実態
この記事の所要時間: 527

電磁波の影響が体にある事を知っていますか?

聞いた事がある!
もしかしたら、私は電磁波の影響を受けてるかもと
感じている方は、このまま読み進めて下さい。






それ以外の方は、お時間を無駄にさせたくないので
違うページにお進みください。






全ての症状が電磁波による影響ではないと思いますが、
実際には多くの方が症状に大小はありますが
影響を受けていると感じています。






極僅かでも影響を受けていると顕著に体の力の入り具合が、
左右対称じゃなくなっていきます。






その中でも電磁波の影響を酷く受けて方々を
電磁波過敏症と言われています。





電磁波過敏症とは?

電磁波過敏症(Electrical Hypersensitivity)とは、電磁波を浴びると身体が過敏に反応する症状のことです。
日本では電磁波過敏症の認知が低く、言葉自体を知らないという人も非常に多くいます。
一方、スウェーデンなどの北欧の国では、電磁波過敏症は病気として広く知られており、規制も厳しくなっています。
電磁波による具体的な症状は、次に挙げたものになります。





電磁波による具体的な症状

頭:頭痛、記憶喪失、うつ症状、焦り
顔: 火照り、むくみ、水泡、異常な乾燥などの症状



目: 視力低下、目の痛み、目の疼きなどの症状



耳: 耳鳴り、耳詰まり、超音波音、鼓膜の痛み



鼻: 鼻づまり、鼻水などの症状



口: 血の味が口中に広がる、口内炎などの症状



歯: 歯や顎に激痛が走る



粘膜: 異常な乾燥



皮膚: できもの、乾燥、赤みなどの症状



目眩: 気を失うほどの目眩やそれに伴う吐き気



関節: 肩こりや、首の痛み、腕や膝などの関節痛



呼吸: 呼吸困難や、それに伴う動悸



疲労: 異常な疲労や、それに伴う集中力の欠如



痺れ: 腕や足の痺れや麻痺






電磁波過敏症は自律神経失調症と診断されることが多いのですが、原因が電磁波であったというお声をよく耳にします。





身の回りの家電製品について

さまざまな電化製品があふれる現代は、電磁波の被ばく量も増加傾向にあるんです。
皮肉なことに便利になればなるほど増えるのが現状。






電磁波過敏症は、すべての電磁波によって不調を訴えるケースだけでなく、特定の電磁波に対して、症状を訴えるケースもよくみられます。






そこで毎日なんらかの体の不調のある人がチェックしておくべき、身の回りにある電磁波を発生させる電子機器・機械を調べてみました!





直に触れて使用

・パソコン
・携帯電話
・ゲーム機
・ホットカーペット
・床暖房 

など

直に触れないけど近距離で使用するもの

・電子レンジ
・炊飯器
・IHクッキングヒーター
 
など

離れて使用するもの

・エアコン
・テレビ
・その周辺機器(コンセント、延長コード、スピーカー等)
・洗濯機 

など

普段の生活でできる電磁波の対策(電磁波過敏症の方も)

普段の生活でできる電磁波の対策
まず電磁波過敏症の疑いがある人が注意したいのが、電磁波の被ばく量を少なくすること!






電磁波の被ばく量は、電磁波の強さと時間をかけ合わせたものであると理解して下さいね。






電磁波を避けたい人や電磁波過敏症の人が、電磁波の対策を行うには、電磁波の発生する場所から、以下のような対策ができます。






・電磁波の被ばく時間を減らす。
・電磁波の被ばく距離を大きくする。







つまり、電磁波を避けたい!電磁波過敏症を防ぐためには、原因となる電化製品の使用を控えたり、近くで使用しないことが大切になるんですよ。






でもね、電磁波を避けたい人や電磁波過敏症のために、自分だけが特定の電化製品の使用を控えても、一歩外へ出れば、他人の使う電化製品により症状が現われることは避ける事ができないよね。






普段の生活のなかで電磁波を避けたい人や電磁波過敏症の対策をするのなら、自分の浴びる電磁波をゼロにしようとするのではなく、できる限り減らしていくことがポイント!!






その減らし方のポイントをお伝えして行きますね。






普段の暮らしのなかで行える具体的な電磁波対策には次のものがあります。






・昼夜間などテレビを見ていない時間帯は、コンセントを外す。
・冷蔵庫の出し入れの回数を減らして、モーターの回る頻度を減らす。
・携帯電話で通話するときは、イヤホンを使用する。
・好きな音楽を聴くときは、ヘッドフォンよりもスピーカーを使用する。







電磁波過敏症の方は、人一倍電磁波の影響を受けてしまいますので通常の人よりも対策する必要があるんですよ。






更にいうと、電磁波過敏症の方だけでなく普通の方でも気付かないだけでしっかりと影響を受けている衝撃的な事実があります。






WHOが携帯電話による電磁波被害を認めている!
すごく遅いですが、ようやく電磁波で健康が害されると日本でも言われる様になりましたね。






前の方にも記載したように、様々な体の症状が現れてきます。
もしかしたら、あなたの原因不明の症状が電磁波が影響してるって事もあるかもしれないですよ。






次回に魂のワーク®協会のエネルギーシールをご紹介しますね。






電磁波グッズが必要な理由につづく